Skip to content

プログラムしよう

クイックリンク

Microsoft MakeCode

MicrosoftのMakeCodeエディターは、BBC micro:bitを使ってプログラミングを始め、作成するのに最適な方法です。 色分けされたブロックは、以前にScratchを使用した人にはおなじみです。しかもこの超小型コンピューターの機能すべてにアクセスできるほど強力です。 JavaScriptに切り替え、ブロックの背後にあるテキストベースのコードを確認できます。

はじめようのページでは、あなたの最初のステップをご案内します。

授業でエディター をつかうのに必要な条件などは MakeCode よくある質問

micro:bitと一緒にMicrosoft MakeCodeエディターを使う生徒たち
MakeCodeプロジェクトを調べる

Python

Pythonはテキストベースのコーディングを通じてプログラミングのスキルを深める素晴らしい方法です。 英語に似た自然な構造で、学習を始めるのが簡単な上、 データサイエンスや機械学習などの分野でも使えるほど強力です

学校で広く使用されており、教師、プログラマー、エンジニアの世界中のコミュニティによってサポートされています。 Pythonエディターは、教師と学習者がmicro:bit上のテキストベースのプログラミングを最大限に活用できるよう設計されています。

micro:bitのPythonエディターを使っている子ども
Pythonプロジェクトを調べる

モバイルとタブレットアプリ

スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを使用しているならば、MakeCodeでmicro:bitをプログラムできるiOSやAndroidのアプリがあります。 Bluetooth無線接続を使用してコードをモバイルデバイスからmicro:bitに転送するため、データケーブルは必要ありません。

モバイルアプリの詳細
micro:bitの隣に携帯電話やタブレット

Scratch

Scratchは世界中の子どもや大人に愛されています。 多くの人にとって、だいたい8歳以上で初めてプログラミングに入門するのはScratchになります。

micro:bitをScratchプロジェクトに統合すると、micro:bitを物理的なゲームコントローラー、絵筆、デジタルスコアボードなどに変えることができます。 BluetoothとScratchリンクをインストールしたラップトップまたはコンピューターが必要になります。その後、以下のリンクに従って、Scratchプロジェクトを開始したり、探索したりします。

Scratchでmicro:bitを使う方法
Scratchを使っている生徒
Scratchプロジェクトを調べる

Swift Playgrounds

macOS 10.15.3以降のApple iPadまたはMacコンピューターをお持ちの場合、Swift Playgroundsの対話型ブックでSwiftプログラミング言語を調べられます。

Swift Playgroundsの詳細
micro:bit Swift Playgroundsブックのスクリーンショット

その他のエディター

micro:bitのプログラミングや操作を行うツールを作成している人々の巨大なコミュニティがあり、PythonやC++、他のブロックエディターを含むその他の言語でmicro:bitをプログラムできます。

以下の一覧にあるエディターはMicro:bit教育財団により公式にサポートされているものではないので、質問があれば各エディターの「サポート」の詳細を参照してください。